-

特定調停というのも任意整理による処理と同じように、おのおの貸し手に対し借金の支払いを継続していくことを前提とした借金を整理する選択のことをいいます。他の表現でいうなら裁判所が処理する債務の整理と考えればいいでしょう。特定調停という方法も任意整理による方法と同じく、自己破産と違い一部の負債のみを処理することができるため、他に保証人がいる借入を除き手続きをする際や自動車ローンを除き整理をしていく際等においても申請することが可能になりますし資産を放棄する義務がないため、株式や有価証券自分名義の資産を保有していて放棄したくない場合においても活用可能な債務整理の手続きといえます。いっぽうで、今後返済していく額と実現可能な収入額を比較し適切に完済が見通せるようならばこの方法で手続きを取ることは可能ですが破産手続きと違い返済義務自体が消えてしまうわけではありませんので借りている金額が大きい場合には残念ながらこの特定調停という方法を取るのは難しいということがいえるでしょう。なお、この方法だと裁判所が間に入るため弁護士等に頼まなくても不利になってしまうことがないという点や、処理のための費用を低くおさえられるというメリットは魅力的ですが債権者からの取り立てに対し債務者自身が説明しなくてはいけない点に加え裁判所に出頭することが求められる等の要素もあります。なお、任意整理と比較してみると、調停が終わる段階で和解に達しないような場合は借入利息を全部付けた計画で振り込んでいかないといけない点や結果的にそれら債務者に対し支払っていくお金が任意整理による解決に対して高くなってしまうことが多い等の留意点もあります。