-

キャッシングサービスを利用するためには、キャッシングサービスを利用しようとしている業者の審査を受け、各企業の決められている審査基準をパスする必要があるのです。そういう申込みの審査の中で、申込み依頼者のどういう情報が診断されるのでしょうか。キャッシングサービスを承認するかのラインのボーダーラインはどんなところにあるのでしょう。キャッシングをする金融会社側は、審査依頼した申込者の情報を基に融資の可否の判断を行います。判断される審査基準の事項は、属性と呼ばれることがあります。自身のことや身内のこと、役職のこと、居住年数などを評価していくのです。「属性」は数百項目ある為、当然重視されるものと重点的に見ないものというのがあります。ひときわ重く見る属性には、お金を借りようとしている人の歳や融資を受けようとしている人の仕事、居住期間など、審査依頼した人の収入を調査できるものが存在します。所得基準が判断でき、なおかつ、裏付けがとれるものにおいて、特に重要視される「属性」ということができます。その重要視されている属性の中でお金を借りようとしている人の「年齢」に関して、カード会社は原則的に、中心の利用年齢を成人を迎えた年齢から30才代としているようですが、そのメインの利用者の中でも未婚者の方を重要視しているようです。一般的な実社会では未婚者よりも既婚者の方が信頼性があるはずですが、金融会社としては、既婚者よりかは自由に使えるお金が多いと判定するため、独り身のほうが優遇されるということがあるのです。さらに、歳は取れば取るほど契約には苦労する事になってしまうそうです。キャッシング会社側が、一定の年齢になるのに好きに使えるお金が0円なのはおかしいのではないかと判断できるのです。家のローンを払っていることなどあるので、契約の承認を出すかどうかの判定にはかなり慎重になります。