-

ローンキャッシングの利率がどこも似たり寄ったりなのは知っている事かと思いますが、実は、利息制限法と言われる規定により最大限の金利が決められているので似たような利息になるのです。銀行系などはその法律の限度範囲内で個々に決めているので、似た利息の中でも相違があるようなサービスを提供しています。ではその利息制限法とはどのようになっているのか見ていきます。まず上限範囲内の利息ですが、10万円未満のキャッシングには20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は15%、までとなっていて、その上限を超える利率分は無効となるはずです。無効とは支払う必要がないという事です。にも関わらず昔は25%以上の利息で手続きする消費者金融業が多かったです。その理由は利息制限法に背いても罰則の法律が存在しなかったためです。また出資法による上限利息の年29.2%の金利が許可されていて、その法律を盾に転ずることは無かったのです。実は、利息制限法と出資法の間の利息の差の範囲が「グレーゾーン」と呼ばれるものです。出資法には罰則が存在します。この法律の上限利息枠は守られていたはずですが、この出資法を適用する為には「お金の借入れ者が自分からお金を支払った」という前提です。今、しきりにされている必要以上の支払いを請求されるものはそのグレーゾーンの利率分を必要以上の支払いとして返却を求める請求です。裁判でも出資法の前提が聞き入れられることは大半はなく、請求が通る事が多いでしょう。今日では出資法の最大の利息も利息制限法と統合され、この事により貸金業の金利も同じようになっているはずです。万が一その事実を知らずに、上限の利息を超える契約をしてしまった場合でも、それらの契約そのものが無効となるので、上限利息以上の金利を返済する必要はないようです。にも関わらず返金を求めるようでしたら弁護士か司法書士に相談しましょう。それで返却を求められることはなくなると思います。