-

「スプレッド」とはFXは通貨を売り買いして利益を狙う商取引です。買ったり売ったりの値は、常に上下しています。それが為替市場です。インターネットでニュースをみているとドルやユーロの為替レートの話題が流れる場合があります。例としてあげると、「本のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを示しています。言い換えると、外為取引には買値と売値の2個の値段が存在するのです。売値、買値の事を別の言い方で表示している業者もあります。いつもは売値のほうが買値よりも低い値段に決められています。実際に買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。この差分をスプレッドといいFX業者の収益といわれています。スプレッドはFX会社によって違います。スプレッドの幅は自分にとって負担になるので、小さいFX会社をピックアップしたほうが有利です。ただし、同じFX業者でも場面によってスプレッドは変化します。仮定として平常時はドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッドの狭さとは言っても、相場の上下が激しい状態では3銭、4銭になる事があります。そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと同じくらい変化しない事が肝心です。最近では決まったスプレッドの広さを見せるFX業者も多数存在します。現実にFX取引会社の注文画面の中でリアルな為替相場をチェックしなければ判断できないので面倒ですが、重要な事です。多額のお金を投資して売り買いするわけですからリアルなエントリーの前に興味を持ったFX会社の新しい口座開設をして示されているスプレッド幅を見ておきましょう。同じ外貨でも市場の変動率(ボラティリティ)によって、スプレッドの狭さは変わります。一般的には、インターバンク市場で売買高が多い通貨の組合せではスプレッドが小さく残りの通貨ペアではスプレッドの差が広がる事があります。