-

間接的クレジットカード使用の手法は単純です。カードで直で支払えない物品を直で買い込むという手法ではなく、二次的に買い上げしていけば得策です。表現が明快という理由で、券のケースを使って表現してみようと考えます。人物がブランドバックを欲しいとそれを見ているとします。持ちたい有名なコートを市販している場所では買いたくてもカードで買う事が不可能です。でもMasterCard、NICOSなどの金券を利用すれば許可してくれるという事です。そこである人物はクレジットカードでギフトカードを発注する事が可能なギフト券のを売っている店に行きカードを使ってJCB、American Express、Diners clubなどの券を買い取りしてみます。次に利用したカードを利用して買い取ったVISA、Diners clubなどのギフトカードを売店に持って足を運び購入したかった有名な銘柄の服を購入したとします。「なぜ人はそのような面倒くさいことしなければいけないの?」と考えるのかもしれませんがこの技法を使用するなら一般得られる事はなかったクレジットカードポイントがもらえます。通常、直接お金を使って一流のアクセサリーを買い取りしたりした時でもポイントは手に入れられませんしAmerican Express、Diners clubなどのギフト券を直接お金で買い付けした後用いてもポイントは手に入れられません。でも今話した事だとAmerican Express、NICOSなどのギフトカードをクレジットで買ったという根拠で、一流の服を購入した時とつりあうような量のクレジットポイントが貯まるようになります。こういう例が直接商品を買わずにローンを利用した事であるため、遠まわしに使うカードと名づけられたやり方です。