-

よくあるビギナー向けのFX投資の情報では「損をした時はナンピン買いをすることによってポジションの平均を買い付けコストをコントロールする」などと書かれていると思いますが、実際はそこには相当の危険性があります。コンブチャクレンズ 口コミ

最初に、ナンピンの方法に関してとても簡単に説明します。ナースバンク 北九州市八幡東区

例として1ドル100円でドルを買ったとする。ブログアフィリとウェブショップ

ドル買いなのでドル高に向うほど儲けを得られますが、反対に1ドル95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。全身脱毛のラヴォーグ体験

そのままの状態で持ち続けたとしたらマイナスをなくすためにはマイナス分、ドル高が進まなければならない。生酵素おすすめ

マイナスは早めに無くしたいと思うでしょう。73-14-54

そこではじめにエントリーしたのと同額の$を95円でエントリーします。コレステロールを下げる食品一覧

そうしたら、平均の単価は97円50銭まで低くする事が出来ます。不倫がしたい

すなわち、半分の幅で円安ドル高が進むと赤字を失くせます。

それが、ナンピン買いのロジックだ。

ナンピンのロジックを目にすると、「その通り」という気分になるがマーケットは易々と思った通りにはなりません。

だいたい、1ドル95円が下値だということなど、なんびともわからないのである。

もし、外国為替市場が強いドル安の流れであれば1ドル=95円では収まらず、より一層円高にいくリスクは高くなります。

たとえば、1ドル=97.50円でナンピン買いをして1ドル95円まで円高が進んだらナンピン買いをした分についても、損が生じることになってしまうのである。

この状況では、初めに売買したドルと同時に、損失が生じる事になります。

例示したとおり、ナンピンは難しいです。

それでは、外国為替市場が自分の台本とは反対の方向にさっさと進む場合、どういった手法でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

選べる選択肢は2つあります。

まずひとつは観念して損切りをすること。

別の方法としては現在、自分が持っている買いポジションを少なくする事によって再度為替が回復するのを黙って待機する事だけです。

少し弱腰の術だとみる方もいるでしょう。

だがしかし、自分の持っているポジションに差損が生まれた場合一番正しい手段はそれ以外にはないです。

確かに、ロジックのうえでは、ナンピン買いをするという手段も効果的です。

だがしかしナンピンは、自分自身がマイナスになっているのにポジションを整理するどころか遂にポジションを積み増していく対策です。

この手段では、リスクを管理することなどやりようがないと思うべきです。

ナンピン買いをし続けられれば最終的には利益を上げられるかもしれません。

だけど、それより前に投資資金は不足してしまいます。