-

(全損)とは文字通り車の全部が破損してしまう状況で結果的に走行することができないというような乗用車として機能を満たさなくなった時に使われますが、保険における「全損」は多からず同様ではない内容が含まれています。

自動車保険では自動車が損傷を受けた時に全損と分損という2つの種類仕分けされ《分損》は修復の費用が保険内でおさまる時を言い表し、「全損」とは修復費が補償金の額を上回る場合を表します。

通常では、自動車の修理で『全損』と言われると車の最重要のエンジンに修復できない打撃が起きたり自動車の骨格が変形して直すのが難しい時再利用か廃棄と判断されるのが当たり前です。

ですが、事故が起こって業者や保険会社がこの修理のお金を予測した状況で、どんだけ外観がきちんとしていて修理が可能な場合でも修理の費用が補償額よりも高くては何の目的のために自動車保険にお金を支払っているのか分からなくなりそうです。

そういう状態では、《全損》と結論付けて車の所有権を自動車の保険屋さんに引き渡して補償金額を受けとることになっています。

長年乗り続けた自動車で執着があり自分で修理をしてでも乗り続けたいとおっしゃるドライバーはいくらでもいらっしゃいますから場面に応じて自動車保険の会社と意見交換するといいかもしれません。

また、保険にはこのような状況が想定され特約など全損の時のための特約を設けているケースがあり、万が一自家用車が全損となったケースでも新規購入必要費用を一定分払ってくれる場面もあったりします。

さらに盗まれた時の保険金の特約をつけている場合、盗まれてしまったマイカーが発見されない場合も《全損》と判断され保険が適用されるシステムになります。