-

ローンキャッシングした時、支払う時には金利を上乗せした払いになるのは知っていると思います。

カード会社は利益を狙いとした企業なのですから当たり前です。

ですが返済する方は、1円でも少なく返金したいというのが心中でしょう。

利息制限法が実行される一世代前は、年率30%近い利率を支払わされてましたが、施行後は高金利でも年間18%位と随分低く設けられているので、とっても良くなった気がします。

この頃のローンの利率の幅は4%位から18%位の枠に決められていて、利用限度額により設定されます。

利用上限額は申請者の与信によって決定されます。

総量制限により年収の1/3までと決められていますので、収入がどれくらいあるのか?どんな職についているのか?キャッシングカードの利用状況はどうなのか?等が見られ与信金額としてクレジットカードの内容が決まるのです。

カードを使ったキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者でサービスは変わります)と広い範囲があります。

こうしてその枠の中で決められた利用可能金額により利率も決まるのです。

50万円なら18%、300万円なら年間12%、800万円なら4%といった流れになるはずです。

いわば、査定が良ければ、与信金額も多くなり、利子も下がるというわけです。

この利息に違和感を抱くのは僕だけでしょうか?余談になりますが、カード業者にとって、これらは当たり前でしょうが、一年の収入の良い人がローンサービスの必要があると思えませんし、仮にキャッシングサービスを利用したとしても利率が高かろうが低かろうが、お金の支払いに困る事はないでしょう。

むしろ一年の収入の少ない人はすぐさまお金が必要なのでキャッシングするという方が大半です。

利息が悪いと返済に追われるようになるはずです。

このため利用可能幅の低い人にこそ低利息で利用できるようにするべきです。

この考えは使う視点からの意見ではあります。

この事を念頭に置くと、利息を良くする為にはどうすれば良いのか何となく理解したでしょう。

現にこれから述べる方法で、申請する人がほとんどなので教えますと、クレジットカードの申請をする時に、収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みを行うのです。

そのキャッシング審査で満額通ればその分だけ利息が良いカードを持参することができるのです。

だからと言ってMAXギリギリまでキャッシングしなければいけないわけでもないのです。

15万円でも40万円でも必要な額だけ利用可能です。

そして上限利用可能範囲が300万円で最低利子年率7%位の金融会社も存在しますので、その企業に手続きを申し込めばその企業の最低利子で利用できるはずです。

どうですか?やり方を変えるだけで低利子のキャッシングカードを持つことが出来るのです。

自分の収入と金融会社の金利を照らし合わせて、検討する事さえ怠らなければ、より満足できる状態で借りれるのですから、面倒だと思わずチェックするようにする必要があります。